宗教での伝統的な位置づけ

MENU

世界ではいつぞやよりさまざまな宗教が生まれてあり、そこでは慣習と陥る考え方が息づいていらっしゃる。 そしてこんな宗教においてしばしば注目されるのが好色を持つことが禁止されて要るという要素だ。 実際、宗教に置いて好色を遠慮始めるべしという考え方をもつものは珍しいものではありません。 例えばカトリックのキリスト教では司祭のブライダルが今でも規定禁止されていますし、国内仏教も明治政府によって枠組みが改められるまではお坊さんのブライダルが禁止されていました。 またイスラム教でも結婚前の性行為に関しては厳しい目で見ることが多いです。 ほかでも自身の好色をみたすための性行為など禁断と陥ることが多く、せめて好色を遠慮せよという考え方は端イレギュラーはあるものの全世界的に伝統的な物であると言えます。 さて、ではなんで宗教の中で好色がこんなにも毛嫌いされるようになってきたのかというと、これはそれぞれの考えによってかなり差があります。 全体的に見ると「後々運命を同時にあゆむパートナー以外と肉体的関係を持つことは微笑ましくない」といったセンスや「好色という自身の凄い夢を制御できるようになってこそ鍛錬です」といったようなセンスが多く見られますが、宗教都度どころか宗派によっても条件がことなることが非常に多い結果「宗教ではこう言ったセンスがあるから好色は嫌われているんだ」ということは言えません。 ちなみにそういった宗教の考え方はとっても現実的な問題に対する正解として用意されている要素が含まれていることが多く、例えば中世以前の欧州ナショナリズムにおいて結婚前の性行為が禁止された背景には「未婚の女では子を育て上げるのが厳しかった」、「不必要な性行為で性病が蔓延するのを防ぐ必須があった」などのことがあります。 こんな宗教の考えは好色が問題を起こす素因があったのだというこいとのあらわれでもあると言えるでしょう。"

関連ページ

動物の生殖本能の現れ
エッチしたい時には動物の生殖本能の現れ はどうなっているのでしょうか?
生殖相手として異性に対して抱くもの
エッチしたい時には生殖相手として異性に対して抱くものはどうなっているのでしょうか?
ホルモンと性欲
エッチしたい時にはホルモンと性欲 はどうなっているのでしょうか?
脳科学と性欲
エッチしたい時には脳科学と性欲はどうなっているのでしょうか?
男性と女性の違い
エッチしたい時には男性と女性の違いはどうなっているのでしょうか?