脳科学と性欲

MENU

衝撃の事実ですが、脳科学の世界では、男性はマミーのように愛することができないというやり方が脳科学の大容積な偵察によってわかってきました。例えばマミーのら、ダディーに対する愛情は、赤ちゃんに対する愛情とおんなじエリアが活発に動くのに対して、男性はマミーに対してそのような部位には手配が見られませんでした。その代わり、男性は、自分を好きになると性欲が絡み、攻撃的になり、目当てをねじ伏せて自前にしようとするエリアがはたらくことがわかってきました。これは女性に積極的にアプローチするためのやる気となるものです。つまり、女性が捉え足り、求めているのは愛情。しかし、男性が求めているのは性欲だったのです。それでは一生行き違いに向かうかというと、男性には別のやり方がありました。それは、母からの情愛の土産だ。男性はちっちゃいところ、母の情愛を受けます。そして、それを一時的に脳の旧皮質のひとつ(海馬)に土産されます。後々、進展と共に大脳皮質の長年土産の中に移されて愛情として土産行う。男性は元から愛情を知らないというのはこのためだ。女性は情愛で自分を好きになり、男性は性欲で好きになりますが、そのうち、男性は、母からの土産を取り戻して、そのマミーと仲良くなります。それを考えると、ある種のマミーたちがダメンズといわれる男性にはまってしまうことも、また、産後、ダディーよりも乳児に情愛が向いてしまうこともわかります。これらは、意外と従うと、マイナスになることもありますので、脳科学のやり方を理解して、幸せになることが大切です。それほど、男性は、土産で愛情を感じ取るというためあれば、ダディーに対して、ダディーを立てつつも、ふと支えたり、情愛をもって触ると、より良い結果が得られます。

関連ページ

動物の生殖本能の現れ
エッチしたい時には動物の生殖本能の現れ はどうなっているのでしょうか?
生殖相手として異性に対して抱くもの
エッチしたい時には生殖相手として異性に対して抱くものはどうなっているのでしょうか?
宗教での伝統的な位置づけ
エッチしたい時には宗教での伝統的な位置づけ はどうなっているのでしょうか?
ホルモンと性欲
エッチしたい時にはホルモンと性欲 はどうなっているのでしょうか?
男性と女性の違い
エッチしたい時には男性と女性の違いはどうなっているのでしょうか?