生殖相手として異性に対して抱くもの

MENU

生き物である以上、実況と性を完全に分けて申し上げる事はできません。昨今、世界中には様々な生き物が生息していらっしゃる。何より生き物(魚類、両生類、爬虫類、生き物、鳥類など)と呼ばれる、たいして高度に進化した生物は、生まれながらにして牡と牝に分かれていることが殆どです。中には別物があり、元々牝として生まれてきたにも関わらず、その生物の社会的経済によって牡に変異やる生物も存在します。ではなぜおんなじ生物であるのに牡と牝の二種類に分かれているのでしょうか。それは、たぶん一顔ぶれよりも二種類いたほうが遺伝的千差万別が保たれ易くなるからであると考えられます。そして、牡と牝で役割分担することにより、再び複雑な一生に対応できるようにもなります。例えば、牝がわがお子さんを守っている間に、牡が看板を見い出しにいくという生き方がよく見られます。このように牡と牝が仲間異なる役割を持つため、結果的に子孫を繁盛させることに極めて役立っているのです。そして、その子孫繁盛に最も大切なものが性的切望だ。これを欠けると、もとを維持させ続けていくという生き物としての大基礎を維持することもままなりません。これがあることにより、多くの生き物は多少成長すると父兄から学習することなく自分自分の生殖あちらを求めて積極的に行動するようになるのです。ですが、恋を漁る本能というのは生き物としての本能の取り分けはなはだ手強い圧力を抱えるので、上手くコントロールすることができないとネックを起こしてしまうこともあります。ですので、殊に養育の大半を担うもとの牝は自分に適した、もしくは生存技量の良い子を授かれそうな恋を見極めようと慎重に観察する傾向にあるのです。

関連ページ

動物の生殖本能の現れ
エッチしたい時には動物の生殖本能の現れ はどうなっているのでしょうか?
宗教での伝統的な位置づけ
エッチしたい時には宗教での伝統的な位置づけ はどうなっているのでしょうか?
ホルモンと性欲
エッチしたい時にはホルモンと性欲 はどうなっているのでしょうか?
脳科学と性欲
エッチしたい時には脳科学と性欲はどうなっているのでしょうか?
男性と女性の違い
エッチしたい時には男性と女性の違いはどうなっているのでしょうか?