ホルモンと性欲

MENU

人の体躯はホルモンばらまきに大きく影響しています。それは肉欲とも関係していると言われており、とくに男性はマミーよりも硬いとされています。反対に女性は肉欲がか弱い人のほうが手広く、とっても肉欲が無いという個々もいる。 しかし、女性にも肉欲を察する折があり、それが月経前や生理中が多いと言われています。マミーの症例、ホルモンばらまきが壊れるのが頂点顕著になるのが生理転回で、これはマミーホルモンですエストロゲンの分泌が旬に至る排卵瞬間に広まるためだと考えられています。 基本的には、マミーホルモンは肉欲を抑制する働きがあると言われています。しかし、エストロゲンは肉欲が強まると考えられており、エストロゲンが増えると頭やおケツが発達し易いともされています。 女性が月間ばらまきが変化するのに対し、排卵などが無い男性にはこういう複雑な周期が乏しい結果基本的にホルモンばらまきの乱調はないといわれます。 しかし、男子の症例肉欲は男子ホルモンによって起こります。女性にも男子ホルモンは全身で作られている結果増えると起こり易くなるとされています。男子ホルモンは年齢を合わせることによって男子更年期などが引き起こされて肉欲が減退して行くことがある結果、勃起不全などになってしまうこともあります。 つまり、どちらのばらまきもポイントが分かります。ばらまきを整えていくためには、正しいルーティンやバランスの取れた食事、ストレスを溜めないことなどが大切です。 性ライフスタイルを豊かにするためには、ルーティンなどを見直して全身からケアして出向くことが重要となるのです。 また、勃起不全などの乱調が出た場合にはドクターに相談する結果改善することもあります。

関連ページ

動物の生殖本能の現れ
エッチしたい時には動物の生殖本能の現れ はどうなっているのでしょうか?
生殖相手として異性に対して抱くもの
エッチしたい時には生殖相手として異性に対して抱くものはどうなっているのでしょうか?
宗教での伝統的な位置づけ
エッチしたい時には宗教での伝統的な位置づけ はどうなっているのでしょうか?
脳科学と性欲
エッチしたい時には脳科学と性欲はどうなっているのでしょうか?
男性と女性の違い
エッチしたい時には男性と女性の違いはどうなっているのでしょうか?