性欲のメカニズム

MENU

性欲のメカニズム記事一覧

恋において、濃い脈絡になることに対して躊躇する人間、こういう用件を取ることを恥ずかしいと想う人間も少なくありません。お互いにおんなじタイミングで奥深い脈絡になるのであればたいして恥ずかしい思いをすることもありませんが、だいたいはどちらか片方が性的熱望を激しく感じてしまい、相手にそのことを授けにくいという実例になります。 確かに、性的熱望を目標に対して持つことを恥ずかしく感じ取る人間は多いですが、実...

生き物である以上、実況と性を完全に分けて申し上げる事はできません。昨今、世界中には様々な生き物が生息していらっしゃる。何より生き物(魚類、両生類、爬虫類、生き物、鳥類など)と呼ばれる、たいして高度に進化した生物は、生まれながらにして牡と牝に分かれていることが殆どです。中には別物があり、元々牝として生まれてきたにも関わらず、その生物の社会的経済によって牡に変異やる生物も存在します。ではなぜおんなじ生...

世界ではいつぞやよりさまざまな宗教が生まれてあり、そこでは慣習と陥る考え方が息づいていらっしゃる。 そしてこんな宗教においてしばしば注目されるのが好色を持つことが禁止されて要るという要素だ。 実際、宗教に置いて好色を遠慮始めるべしという考え方をもつものは珍しいものではありません。 例えばカトリックのキリスト教では司祭のブライダルが今でも規定禁止されていますし、国内仏教も明治政府によって枠組みが改め...

人の体躯はホルモンばらまきに大きく影響しています。それは肉欲とも関係していると言われており、とくに男性はマミーよりも硬いとされています。反対に女性は肉欲がか弱い人のほうが手広く、とっても肉欲が無いという個々もいる。 しかし、女性にも肉欲を察する折があり、それが月経前や生理中が多いと言われています。マミーの症例、ホルモンばらまきが壊れるのが頂点顕著になるのが生理転回で、これはマミーホルモンですエスト...

衝撃の事実ですが、脳科学の世界では、男性はマミーのように愛することができないというやり方が脳科学の大容積な偵察によってわかってきました。例えばマミーのら、ダディーに対する愛情は、赤ちゃんに対する愛情とおんなじエリアが活発に動くのに対して、男性はマミーに対してそのような部位には手配が見られませんでした。その代わり、男性は、自分を好きになると性欲が絡み、攻撃的になり、目当てをねじ伏せて自前にしようとす...

性欲とは人間の中にいらっしゃる本能のひとつであり、三大希望の一種とされています。こういう性欲があることによって性行為へのテンションが伸びるとされており、結果としては子孫賑わいへの希望へと繋がっていることから鳥獣の希望の取り分け更に重要な存在とされています。そのため男性にも女性にも居残る希望だとされているのですが、実は性欲を覚える場合や詳細に関しては男女によって違いがあるとされており、それによってか...